MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

借金返済ナビ

お金を借りたら、どんな人からの借り入れであっても、必ず返済しなければいけません。
親から借りたお金であっても、友達や知りあいからお金を借りた場合でも、金融業者からお金を借りた時と同様に、必ず返済をしなければいけませんから、借り入れをする際には、返済できる額での借り入れとする事が大切となります。

 

 

 

目次

 

借金返済できない方は

 

借金返済

 

お金を借りたら、どんな人からの借り入れであっても、必ず返済しなければいけません。
親から借りたお金であっても、友達や知りあいからお金を借りた場合でも、金融業者からお金を借りた時と同様に、必ず返済をしなければいけませんから、借り入れをする際には、返済できる額での借り入れとする事が大切となります。
親や友達、知り合いから借りたお金を、返済せずにそのままにしてしまう人は非常に多いとされていますが、金融業者からの借り入れは、返済しないままでいると、ブラックリストと呼ばれる、個人信用情報に延滞の記録が残ってしまう事になりますし、債務整理を取りいれなければ、何度も督促がきたり、給料差し押さえとなってしまう事もあるため、必ず返済をするような人が多いとされていますが、どこからお金を借りた場合でも、借金返済を行う事が、人間としての道理です。

 

借りる時には、簡単にお金を借りる事が出来る場合が多いため、返済の事を考えずに借り入れをしてしまう人は非常に多く、気が付いたら、借り入れ額が多くなってしまっており、返済困難に陥ってしまっているような人も少なくありません。
借金返済が出来なくなってしまう事で、多重債務を取り入れてしまい、気が付いたら、毎月の返済により、生活が困難になってしまっているような人もいますから、借り入れをする時には、必ず返済する事が出来る額での借り入れをする事が大切となりますし、借り入れの返済ができないと気が付いた時には、新たに借り入れを取り入れるのではなく、金融業者に連絡をし、しばらく待ってもらうか、弁護士に相談をし、債務整理を取り入れるかを選ぶようにする事で、電話や手紙、訪問により、督促が行われてしまう事をストップさせることができます。

 

借金返済が出来なくなってしまう事で、この世の終わりのように感じてしまう人は非常に多いとされていますが、返済ができない場合には、今後生きていくことができる道を探すことが大切となります。

 

借金を返済するには

 

借金返済

 

借金を返済するためには、現在の収支を見直し、返済の為に確保する事が出来るお金を計算してみましょう。
借り入れの返済を、毎月一定額の返済としている人も非常に多いのですが、少しでも早く借り入れをした額を完済したいと考えるのであれば、毎月の収入の中で、生活をしていく上で、必要となるお金を除き、残りを全て借金返済に回しましょう。
節約する事が出来る項目は全て節約をする必要がありますから、今までと同じように生活をするのではなく、削れる費用は全て削るようにしましょう。
食費として確保している費用も、今までの半分の金額で1か月分の食費を賄う事ができる様にし、光熱費となる、電気、水道、ガスにかかる料金も、少しでも減らす努力をしましょう。
外食はもちろんNGとなりますし、借金返済までは、新しい洋服を買ったり、娯楽費となってしまう物は全てカットするようにしましょう。
どれだけ早く借金返済をしたいのかによって、節約の度合いは異なりますが、1日でも早く完済したいと考える場合には、出来る限りの節約を取りいれましょう。
現在借り入れをしている状態となるわけですから、貯金はほとんどない事と思います。
そのため、借り入れをしている中で、今後、新たに急な出費が必要となってしまった場合、再度借り入れをしなければいけなくなってしまう可能性も大いにありますから、借り入れは、少しでも早く完済させることが、今後借り入れに頼らずに生活をしていくために、必要であると言えるでしょう。

 

借金の返済が出来なくなってしまったら

 

借金返済

 

借金の返済が出来なくなってしまうと、多重債務により、借り入れの返済をするというような人が圧倒的に多いとされています。
ですが、借金返済が困難になってしまった時には、まずは、金融業者に連絡をする事が一番大切となります。借り入れをしている額が多くても少なくても、返済に滞りが生じてしまった場合、そのまま連絡をしないでいると、督促が行われる事になりますから、家族に借り入れがばれてしまう場合が多いとされています。
たとえ一人暮らしであったとしても、会社に電話がかかってくることがありますから、必ず金融業者に連絡をし、いつまでにいくら返済する事が出来るのかを伝えましょう。
多重債務を取り入れる方法は、借り入れ額を増やしてしまうだけで、何の解決にもなりませんから、注意しましょう。
多重債務となってしまっており、給料が入っても、借金返済をする事が出来ない場合には、おまとめローンを利用し、借り入れを1本化するというような方法もありますし、自宅にあるブランド物や車などを売り、現金を作るというような方法もあります。
その他には、日雇いのバイトに入り、現金を作るというような方法もありますが、生活がままならない程、借り入れ額が多くなってしまっているような場合には、弁護士に相談をする事が必要となります。
弁護士に相談をすると、債務整理を取り入れるように勧められることが多いのですが、債務整理を取り入れる事で、通常の生活を送ることができる様になりますから、夜逃げをしたり、一家心中を検討するのではなく、弁護士に相談しましょう。

 

借金の返済をしないとどうなるの?

 

借金返済

 

借金を返済しないまま放置してしまうと、自宅に電話がかかってきたり、自宅に督促状が届くようになります。
返済に滞りが生じている事が伝えられ、いつ返済する事ができるのか、いくら返済できるのか、聞かれる事になります。金融業者によっては、会社に連絡をしてきたり、自宅に直接取り立てが行われるような場合もあります。
借金返済をしないでいると、遅延損害金が発生してしまいますから、通常の金利の支払いよりも更に高い金利を返済しなければいけません。
そのため延滞をしている金額が多ければ多いほど、遅延損害金の金額も大きくなってしまい、返済困難になってしまいますから、注意しましょう。
銀行から借り入れをしている場合、延滞してしまうと、借り入れが銀行から保証会社である消費者金融に変わることが多いとされています。
督促が行われる事で、返済できる日を伝え、その日に返済する事が出来れば良いのですが、職を失ってしまった時など、返済する事が出来なくなってしまった場合であり、そのまま借り入れを放置してしまうと、裁判になってしまう事もあります。
仕事をしていながら返済をしないままでいる事で、裁判所の決定により、給料差し押さえが行われる事もあります。
給料差し押さえとなってしまうと、会社に借り入れをしている事や、延滞が生じている事がばれてしまい、勤めづらくなってしまうことが多いとされていますから、注意しましょう。
裁判所が一度決定を下すと、その結果を変える事は出来ない場合がほとんどとなります。

 

借金の返済ができる額での借り入れをする

 

借金返済

 

借り入れを上手に利用する事が出来る人の場合、借り入れの額を考えるよりも、借金の返済額が毎月いくらになるのか、考えて借り入れをする事が出来るような場合が多いとされています。
毎月の返済額を考えずに借り入れをしてしまうことで、借り入れ額が膨らんでしまったり、借金返済が困難になってしまう人が多いとされていますから、借り入れに飲まれてしまう事がないように、借り入れを上手に利用する事が大切です。
借り入れをする事はいけない事ではありませんし、上手に利用すれば、非常に便利な物となります。
ですが、借り入れに頼ってしまうような場合や、借金返済の金額や、金利分の負担については計画性を持たないような人の場合、多重債務になりやすくなってしまいますから、毎月返済する事が出来る額となるように、借り入れを取り入れるようにしましょう。
毎月の収支を把握していれば、どれだけ返済の為に毎月お金を用意する事ができるのか、考える事が出来るのですが、収支を全く把握していないような人の場合、借り入れに頼って生活をするようになってしまう人が多いとされていますから、注意しましょう。
借金返済ができるのかどうか、不安に感じるような場合には、借り入れをせずに生活を送ることができるギリギリまで頑張り、どうしてもお金が必要となってしまった場合にのみ、借り入れをする事で、生活を乗り切ることができる、最低限の金額での借り入れとすると良いでしょう。

 

借金返済の為におまとめローンを組む

 

借金返済

 

多重債務になってしまう事で、毎月何度も返済日が訪れ、その度に返済の為のお金を用意しなければいけなくなってしまい、返済日が近づく度に、ストレスを抱えるようになってしまうような人が非常に多いとされています。
多重債務に陥っている人の場合、借り入れ額が非常に膨らんでしまっているような場合がほとんどとなりますから、借金返済に追われることで、毎月、普通の生活を送ることができず、借金返済の事ばかりを考えてしまうような人も少なくありません。

 

そのような多重債務の人が、完済するための最後の砦として利用する事ができるのが、おまとめローンです。
おまとめローンとは、多重債務を1社にまとめる事ができるローンであり、毎月の返済日を1日だけとする事が出来ますし、毎月の返済額を見直すことができますから、毎月返済する事が出来る額での返済とする事が出来ます。
そのため、返済が困難になってしまっていた状態から抜け出すことができ、通常の生活を送りながら、借金返済も行う事が出来ますから、新たな生活のスタートを切ることができるとされています。
おまとめローンのメリットを最大限に生かすためには、金利が低い金融業者と、おまとめローンの契約を進める事が大切となります。
金利分の支払いが少なくなっていないと、1本にまとめ、毎月の返済額を見直すことで、完済までの期間が今までよりも長くなってしまう事がありますから、できるだけ金利が低い金融業者と契約を進める様にしましょう。

 

借金返済の為に多重債務を取り入れる

 

借金返済

 

借金返済の為の多重債務は、決して取り入れてはいけないと言われています。
1社からのみ借り入れをしている場合、2社目の審査は比較的クリアになるような金融業者が多いのですが、多重債務になってしまう事で、現在どこの金融業者からいくら借り入れをしているのかを把握する事が出来なくなってしまい、借り入れ額が膨らんでしまう人が非常に多いとされています。
多重債務として借り入れをしている金融業者の数が増えると、毎月返済日が何度も訪れるようになります。
その度に借り入れを繰り返すような自転車操業を続けていると、最終的には、どこからも借り入れをする事が出来なくなってしまい、返済日にどうしたらいいかわからなくなってしまい、夜逃げをしてしまったり、居留守を使い、毎日借金返済に追われる日々となってしまうのです。
多重債務を上手に利用し、すぐに返済する事ができる金額である場合には、無利息期間を設けている金融業者を選び、借り入れ期間が長くなりそうな金融業者の場合には、比較的金利設定が低めの設定となっている金融業者を選ぶなど、自分自身で借り入れをしている金融業者と、その金額、返済額、金利などを把握しているのであれば、借り過ぎてしまう事はありませんし、借り入れに飲みこまれてしまう事はありませんが、多重債務を取り入れるほとんどの人が、借金返済に苦労している状態となりますから、多重債務は取り入れない方が良いとされているのです。

 

借金の返済をするコツとは

 

借金返済

 

借金返済を少しでも早く終わらせるためには、できるだけ繰り上げ返済を取り入れるようにする事が大切です。
毎月の返済だけで完済使用と考えると、毎月金利分の返済ばかりとなってしまい、中々元金が減らない状態となってしまっている場合もありますから、少しでも繰り上げ返済を取り入れ、元金を減らすようにする事が大切です。
少しでも早く完済する事で、金利分の負担を減らすことができますから、積極的に、繰り上げ返済を取り入れるようにしましょう。
借金返済のためには、おまとめローンを利用したり、借り換えにより、金利が低い設定である金融業者に借り入れを変えるという方法もお勧めです。
金利が低くなることで、トータル返済額を抑える事が出来ますから、その分、完済までの道のりが短くなることでしょう。
借金返済を取り入れている場合には、新たな借り入れをしない事が大切です。
貯金がない状態となりますから、再度急な出費が訪れてしまう事もあるかと思いますが、借り入れに頼らない生活とする事が非常に大切です。
お金が無くなったら借りたらよいという思いは捨て、借金返済の為に、節約をする事を心に留め、新たに借り入れを増やしてしまう事がないようにしましょう。
借り入れに慣れてしまう事で、借り入れを繰り返してしまう人が増えると言われていますから、借り入れをして生活をするという思いを捨て、現在の収入で生活を送ることができる様にし、家計を見直してみましょう。

 

借金返済の為に物を売る

 

借金返済

 

少しでも早く借金返済をしたいと考える場合には、自宅に売れる物がないかどうかをチェックしてみましょう。
鞄や時計、洋服や車、ゲームやおもちゃなど、最近では買取をしてくれるお店が非常に増えていますから、自宅にある物を売却し、お金に換え、借金返済に回すことを検討する事も良いでしょう。
何か物を売却し、借金返済の為のお金を用意する場合には、できるだけ高く買取をしてくれる買取店で売却を進める事が良いでしょう。
なんでも買取をしてくれる買取店よりも、洋服であるならば洋服専門店などに持ち込みをした方が、それだけ高値での買取となる場合が多いとされています。
物を売却し、お金を作るという方法により、借金返済を行う場合には、用意する事が出来たお金は、繰り上げ返済などに回すようにし、毎月の返済の為に利用しない方が良いとされています。
なぜ毎月の返済額に充ててはいけないのかというと、その月は、物を売却したお金で返済する事が出来たとしても、翌月に同じ金額で売却をする事ができる物がない場合もありますから、返済困難になってしまう可能性が出てしまう事もあるのです。
借金返済のためには、毎月の返済は、収入の中から行う事が出来る金額ではないと、継続して毎月返済のお金を用意する事が出来なくなってしまいますから、注意しましょう。
お金が必要となった時に物を売ってお金を用意するという方法も良いのですが、思っていたよりも値が付かないような場合もありますし、手放した物は手元に戻ってくることはありませんから、よく考えた上で売却を進める様にしましょう。

 

借金返済の為に節約をする

 

借金返済

 

借金返済のためには、節約は非常に大切です。
今までは借り入れに頼って生活していた人の場合、借り入れをする事で、自分の収入が、実際よりも多いと勘違いしているような人が多く、借り入れを一切しないで生活を送ることができないと考えてしまうような人も少なくありません。
ですが、借り入れに頼った生活は、いつかは破たんしてしまいますから、現在の収入の中、で、借金返済のための金額と、生活費を考えて生活を送ることを考えなければいけません。
そのためには、節約が非常に大切です。
節約が成功すれば、毎月の生活の中で、お金が余るようになることもありますから、少額でも繰り上げ返済を行い、借金返済を少しでも早く終わらせるようにしましょう。
節約をする生活が徐々に身についてくると、借金を完済する事ができた後は、返済にあてていた金額を貯金する事ができる様になります。
貯金をする生活にまでたどりつけば、お金の大切さが身に染みてわかるようになり、無駄遣いをしないようになる人が非常に多いですし、貯金をする楽しさを感じるようになりますから、新たな借り入れをする事がなく、生活を送ることができるでしょう。
一番簡単な節約方法としては、食費を見直すという方法となります。
ですが、人によっては、娯楽費用が非常に高くついてしまっているような人もいますから、現在毎月、何にお金をつかっているのかを見直し、節約する事ができる項目を探ってみると良いでしょう。

 

借金返済の為に仕事を増やす

 

借金返済

 

借金返済の為に、仕事を増やすことを検討してみる事も良いでしょう。
現在勤務をしている職場で、勤務時間を増やすことができないか、確認をしてみる事も良いですし、パートやアルバイトとして、現在の勤務とは別に、仕事を増やすことを検討してみる事も良いでしょう。
現在正社員として勤務をしている場合には、他に仕事を増やすことができないような場合がほとんどとなりますが、フリーターである場合には、仕事を増やすことができる環境にある人もいますから、完済までは多少無理をしてでも、お金を作るようにし、借金返済を目指しましょう。
最近では、日雇いとして、働いたその日のうちにお金を手渡してもらう事ができる職場は少なくなっていますが、その月にお金をもらう事ができなくても、来月の返済分に回したり、繰り上げ返済として利用する事も出来ますから、自分の収入を増やすことを考えてみましょう。
仕事ではなく、株やFXなどを取り入れ、自分自身でお金を作ることもできます。
ですが、株やFXは、失敗してしまう可能性もありますし、長期運用の場合には、借金返済の為のお金をすぐに用意する事が出来ないような場合がほとんどとなりますから、株やFXを始める場合には、ある程度お金に余裕ができてからの方が良いとされています。
お金が足りないから借り入れをするわけですから、借り入れに頼る生活にしないためには、収入を多くする方法がないかどうか、考えてみる事もお勧めとなります。

 

借金返済の為に引越をする

 

借金返済

 

少しでも早く借金返済を目指す場合には、住居費となっている金額を見直してみましょう。
住居費用は、支出の中でも、毎月大きな割合となっている人が非常に多いとされていますから、少しでも住居費用を安く済ませる事で、今までよりも、お金に余裕が生まれるようになりますから、返済しやすい状況を作ることができます。
引越をする事になると、家族が多いと、それだけ引っ越しの為の荷物が多く、費用がかかってしまう事が予想されるのですが、借り入れをしている金額と、新たな住居費用、そして引っ越しにかかる費用を照らし合せ、どの方法を取ることで、借金返済の近道となるのかを考えてみると良いでしょう。
引っ越しの運搬費用だけではなく、敷金礼金などもかかってくることもありますから、引っ越しにより、どれだけお得になるのかを、必ず計算するようにしましょう。
持家である場合には、現在までローンの返済を続けているわけですが、今後もローンを支払う事が出来るのかを良く考えましょう。
住宅ローンがあるのにも関わらず、フリーローンとして借り入れをしている場合には、非常に借り入れ額が大きくなってしまっている事が予想されますから、今後、住宅ローンの返済をする事ができるのか、よく考え、引っ越しをするのか、そのままローンを支払い続けるのかを決める必要があります。
引っ越しをする事で、必ずしも、借金返済が楽になるわけではありませんから、よく考えた上で、引っ越しをするか否かを判断しましょう。

 

借金返済がストレスになってしまっている場合には

 

借金返済

 

借金返済がストレスになってしまっている人は非常に多いとされています。
毎月返済に追われる日々となってしまう事で、収入の中ではお金を捻出する事ができず、新たな借り入れをしなければいけないと考えてしまうような人も少なくありません。
新たな借り入れをする事ができないからといって、返済しないままでいる事で、取り立てや督促に悩んでいるような人もいます。
借金返済がストレスになってしまわないようにするためには、できるだけ早く完済する事を考えるようにしましょう。
完済してしまえば、借金返済について、頭を悩ませるような事はありませんから、ストレスを抱える期間を、できるだけ短くするためにも、繰り上げ返済に力を入れましょう。
実際に、節約をしながら、繰り上げ返済を取り入れる事は、非常に強いストレスとなってしまうような人が多いとされています。
少しでも早く完済するためには、様々な我慢が必要となるのですが、完済までに長い期間がかかってしまう事で、それだけ借金返済のストレスを感じたままになってしまう事が予想されますから、繰り上げ返済を積極的に取り入れましょう。
借り入れをしなければいけない事情は人によって異なりますし、どうしても借り入れをしなければいけない状況により、借り入れをしてしまったという人もいるかと思いますが、借金返済は、ほとんどの人がストレスを感じると言われていますから、できるだけ早く完済を目指すことが、ストレス緩和の方法であるとされています。

 

借金を返済をしなくても良い場合とは

 

借金返済

 

借金返済は、場合によっては、返済しなくても良いとされる場合もあります。
借り入れをしたのにも関わらず、そのお金を返済しなくても良い場合としては、闇金から借り入れをした場合や、借り入れの時効が成立した時となります。
闇金からの借り入れは、違法な金利や、違法な取り立てにより、貸し付けを行っているため、闇金から借り入れをしてしまった場合には、その借り入れは全てなかったことになるとされています。
ですが、闇金であると気が付いたからといって、借金返済をせずに、そのまま借り入れを放置してしまうと、悪質な嫌がらせを受ける事になりますから、闇金からの借り入れであるとわかったら、すぐに弁護士に相談をしましょう。
借り入れには、時効がありますから、時効を迎えた借り入れも、借金返済の必要はありません。
個人として金融業者から借り入れをした場合には、督促や取り立てなどが一切何も行われなくなってから、5年経過すると、借り入れは時効を迎えます。
ですが、金融業者側も、時効になってしまっては困りますから、何度も督促を送ったり、取り立てを行いますし、返済する様子が見受けられないような場合には、裁判になってしまう事もあります。
そのため、ほとんどの場合、借り入れが時効を迎える事はありません。
たとえ夜逃げをしたり、引っ越しをしたとしても、借金返済の取り立てや督促が止まる事はありませんから、借り入れが時効になることはほとんどないと言われています。

 

借金返済により学ぶ

 

借金返済

 

借り入れをする事で、借金返済が困難になってしまう人は少なくありません。
計画性を持って借り入れをする事が出来る人は非常に少なく、借り入れを繰り返すことで、借り過ぎてしまったり、中々完済までたどり着くことができず、借金返済が生活の負担になってしまっているような人は非常に多いとされています。
ですが、借金返済に苦労した人ほど、お金の大切さを身に染みてわかっていますから、今後の生活を上手く回していくことができる様になる人は非常に多いとされています。
お金により、今までの人望を失ってしまう事もありますし、仲が良かった人でさえ、離れて行ってしまうような事も少なくありません。
ですが、借り入れをしたのは自分自身ですから、借金返済の苦労をする事により、人生の勉強をしたと思いましょう。
借り入れを取り入れる事は非常に簡単です。
申し込みをし、審査を待つだけで、即日融資の場合には、その日のうちに借り入れをする事が出来てしまいます。
そのため、借り入れについてよく考えず、借り入れをする金融業者について良く調べないまま借り入れをしてしまう人は非常に多く、借金返済が困難になってしまったことで、後悔してしまうような人も少なくありません。
ですが、後悔をするという事は、新たなスタートを切るために、自分にとって、必要な勉強であったと、前向きに考えるようにし、今後は借り入れをせずに生活を送ることができる様に心掛ける事で、返済による苦労をした甲斐があったと思う事が出来るでしょう。

 

借金返済のための家計簿のつけ方について

 

借金返済

 

借金返済に苦労している場合には、家計簿をつけてみましょう。
家計簿は、収支を全て記録して残していく物で、ノートに記載していくタイプもあれば、パソコンのアプリを利用したり、携帯のアプリを利用して、収支を入力していく物もあります。
携帯のアプリの中には、レシートを写メに撮るだけで、自分自身では入力をしなくても、簡単に使用した金額を入力する事が出来るような物もあります。
口座振替など、毎月決まった金額が引き落とされる場合には、家計簿アプリに登録しておくだけで、毎月自動的に記入される事になります。
家計簿をつける事で、現在の支出の中で、無駄遣いをしている項目をすぐに確認する事が出来ます。
そのため、借金返済に困難になっている場合には、節約をする事ができる項目を見つけやすくなりますから、繰り上げ返済をしやすい状況を作ることができるとされています。
その他にも、毎月家計簿をつけていくことで、毎月かかるお金を把握する事ができる様になりますから、今後借り入れをしなくても、生活を送ることができる様になりますし、毎月どんなに節約をしても赤字となってしまう場合には、仕事を増やすべきか、住居を変えるべきかなど、様々な事を見直すきっかけにもなることでしょう。
借り入れを繰り返してしまう人の場合、収支のバランスを把握する事が出来ていないような人が非常に多いとされていますから、家計簿をつける事で、毎月必要なお金だけを除き、残りは全て借金返済に回すようにする事で、短期間で、完済する事ができるとされています。

 

借金返済にキャンペーンを活用する

 

借金返済

 

借金返済の事を考え、計画性を持って借り入れをするのであれば、キャンペーンを取り入れている金融業者を上手に活用しましょう。
キャンペーンは消費者金融で多く取り入れられており、無利息期間を設けているキャンペーンを展開しているような場合が多くなっています。
無利息期間で借り入れをする事ができる期間に完済する事ができれば、金利分の支払いをせずに借り入れをする事が出来ますから、無利息期間を上手に活用しましょう。
無利息である期間は、展開しているキャンペーンの内容に異なります。
初回のみ、1ヶ月無利息期間を設けているような場合もあれば、何度でも1ヶ月だけ無利息で借り入れをする事が出来るような場合もありますから、すぐに借金返済する目途が付いている場合には、無利息期間を設けている金融業者から借り入れをしましょう。
ですが、無利息期間を設けている金融業者の場合、無利息期間が終わった後は、比較的高めの金利設定となっている事が多いため、長い期間借り入れをする事が予想される場合には、できるだけ金利が低い金融業者から借り入れをする方が良いとされています。
借金返済をする際には、金利分の支払いも行わなければいけませんから、少しでもトータル返済額を少なくするためには、必ず金利を確認するようにしましょう。
少額の借り入れであれば、金利分の負担はそれほど多くないと考える人が多いのですが、長い期間借り入れをする場合には、少ない金額でも金利分の支払いが多くなりますから、注意しましょう。

 

借金返済のために借り入れを使い分ける

 

借金返済

 

借金返済を上手に行うためには、借り入れを使い分ける事もお勧めです。
ですが、借り入れを使い分けるという事は、多重債務となってしまう事になりますから、借り入れをする金額や、返済までの期間、毎月の返済額や金利など、しっかりと把握し、計画性を持って借り入れをする事が出来ないようなタイプの人の場合には、借り入れを使い分ける方法は、お勧めではありません。

 

借り入れを使い分ける方法としては、無利息期間を設けている金融業者や、金利が低めである金融業者とを使い分ける事で、金利分の支払いを少なくすることができるという方法となります。
全て金利が同じである金融業者から借り入れをするのではなく、すぐに完済する事が出来る額である場合には、無利息期間を設けている金融業者から借り入れをし、借り入れ額が多く、借金返済までに比較的長い期間がかかってしまう場合には、低い金利設定である金融業者から借り入れをする事で、金利分の支払いを抑える事が可能となります。

 

借り入れを使い分ける方法を取り入れる場合には、毎月の返済日が1回ではなくなってしまいますから、確実に返済する事が出来る額となるのかを考えて借り入れをしましょう。

 

借り入れが癖になってしまっている人の場合、すぐに完済する予定であっても、完済する前に、また新たな借り入れを繰り返してしまい、結果的に借金返済が困難になってしまう事もありますから、借り入れを使い分ける場合には、十分に注意しましょう。

 

借金返済と貯金のどちらを優先にするべきか

 

借金返済

 

今後借り入れを繰り返さないように生活をしていくためには、貯金をすると良いとされています。
貯金をしていれば、急な出費にも対応する事が出来ますから、金融業者からお金を借りなくても良い状態となるのです。
ですが、現在借金返済を続けているような人の中には、借金返済をしながら、貯金をするというような方法を取り入れている人も少なくありません。毎月の収入の中から貯金枠と、借金返済額とを分けて項目を作っているような人もいるのですが、貯金を取り入れるよりも、まずは借金返済を目指す方が良いとされています。
長い期間借り入れをしていると、その分金利分の支払いをしなければいけませんから、まずは、借り入れを全て完済し、生活を安定させたうえで、貯金を取り入れるようにしましょう。
銀行にお金を預けた場合、利息は非常に少なく、借り入れの金利の方が、非常に高い利率となっていますから、自分の銀行にお金を入れておくのではなく、お金に余裕がある場合には、繰り上げ返済を取り入れるようにしましょう。
貯金と借金返済を平行して行う事が出来ている人の場合、計画性を持って借り入れをする事が出来ている人となりますから、貯金が一旦停止したとしても、借り入れの完済と共に、非常に多くの額を貯金に回すことができる様になりますから、まずは完済を目指しましょう。
完済までに長い期間がかかってしまう人の場合、貯金がないと不安を感じてしまう事もあるかと思いますが、そのような場合には、一定額の貯金までたどりついたら、その後は借金返済に回すというような方法を取り入れると良いでしょう。

 

借金返済をしてしまいがちな人とは

 

借金返済

 

金融業者からの借り入れを繰り返してしまう人には、特徴があるとされています。
借り入れを繰り返してしまう人の特長としては、何事もどうにかなると考えるような、楽天的な性格である人が非常に多いとされています。
計画性を持って借金返済を考えない事で、多重債務に陥りやすくなってしまうと言われています。
その他には、何かに没頭し過ぎてしまうような人の場合にも、借り入れ額が膨らんでしまいがちであるとされています。
ギャンブル依存、ショッピング依存、趣味になど、没頭してしまう人の場合、お金が足りなくなったら借り入れをし、趣味にお金を費やしてしまう状態となりますから、借り入れ額が増えてしまう事を考えずに借り入れをしてしまうような人が多いとされています。
真面目である人も借り入れを繰り返しやすいとされています。
今月の借金返済のためのお金に目途が付いていないような場合、何としてでもお金を用立てたいと考えてしまう場合が多く、借金返済の為に、新たに金融業者からお金を借りてしまい、多重債務になってしまうような人が多いのです。
借り入れは計画性を持って取り入れないと、後々後悔してしまう事になる人が非常に多いとされていますから、借り入れをする際には、完済する事が出来る額での借り入れとする事が大切です。
完済するまでは新たな借り入れはしないなど、自分なりのルールを設ける事も良いでしょう。
借り入れを始めたばかりの頃は、すぐに返済する事が出来る額での借り入れとなる場合が多いのですが、借り入れに慣れてしまうと、借入れ額が膨らんでしまいますから、注意しましょう。

 

借金返済のために借り入れをする額に注意をする

 

借金返済

 

カードローンとして借り入れをする場合、毎月一定額の借金返済となりますから、借り入れ額が膨らんでしまっていても、気が付かず、次々に借り入れを繰り返してしまうような人も少なくありません。
ですが、毎月少ない額での借金返済としていると、金利ばかりの返済となってしまい、元金が中々減らず、毎月しっかりと返済しているのにも関わらず、完済までは程遠いというような状態に陥ってしまう事もありますから、借り入れをする場合には、完済となる時期を確認し、少しでも毎月の返済額を多く設定するようにしましょう。
借り入れ額だけではなく、金利も必ず確認しましょう。
お金が必要となってしまっている時というのは、様々な金融業者を比較する事もなく、借り入れをする事が出来るのであれば、どこの金融業者でも良いと思ってしまいがちとなる人が非常に多いのですが、金利が低い設定である方が、それだけ完済までの期間を短くすることができますから、金利設定も非常に重要です。
金融業者によっては、毎月の借金返済額を数千円程度とし、金利分のみの返済となってしまい、完済までたどり着くことがないようにしているような場合もあります。
毎月数千円の返済であれば、それほど生活の負担になってしまう事はないのですが、完済できない状態ですから、永遠に借金返済を続けなければいけません。
自分自身で借り入れ額と、完済までの期間、金利を確認しておくことができていれば、そのような事態に陥ってしまう事はありませんから、借り入れをする時には、契約内容を必ず確認するようにしましょう。

 

毎月の借金返済額を頭に入れておこう

 

借金返済

 

借り入れをする際には、借金返済の事を頭に入れて借り入れをする事が大切となります。
金融業者によって、毎月返済する額は異なり、数千円程度の額となる場合もあれば、いくら借り入れをしたとしても、毎月の返済額は1万円と決められているような場合もありますし、借り入れをした額により、返済額が決まるような場合もあります。
いくら借り入れをしたとしても、毎月一定額での返済である場合、借り入れ額が多くても、毎月の返済額が変わりませんから、借り過ぎてしまう事が多いですし、いつ完済となるのかわからないまま返済を続けているような人も多いのですが、買い入れ額が増える事で、毎月の返済額がアップするような場合には、毎月の借金返済が、生活の負担になるため、借り過ぎている事に気が付きやすいとされています。
いくら借りても、毎月の返済額が同じであれば、返済困難になってしまう事がありませんが、金利分の支払いばかりとなってしまい、元金が減らないままとなってしまう事もありますから、毎月の返済額には注意しましょう。
毎月の借金返済額が変わらないような金融業者の場合、計画性を持って借り入れをする事を頭に入れ、借り過ぎてしまい、借り入れ限度額にまで達してしまう事がないようにしなければいけません。
借り入れ限度額にまで達してしまう事で、多重債務となってしまう人が非常に多いのですが、多重債務になってしまうと、更に生活が苦しくなってしまいますから、返済額に注意し、少しでも早い完済を目指すようにしましょう。

 

借金返済のための借り入れの必要性を考える

 

借金返済

 

借り入れをする事で、急な出費に対応する事ができますから、非常に便利ですし、お金を何に使っても自由となりますし、人にばれてしまうような事もほとんどありません。
そのため簡単に借り入れを繰り返してしまうような人が多く、気が付いたら非常に多くの借り入れ額となってしまっているような人も少なくありません。
ですが、借り入れをしたら必ず借金返済をしなければいけないという事を忘れてはいけません。
借り入れをしたお金だけではなく、金利分の支払いも上乗せして返済しなければいけないのです。
現在の収入の中ではお金が足りない事で、借り入れをする事になったわけですから、借金返済のためには、現在の収入の中で、どのようにやりくりをするのかを考えた上で借り入れを取り入れる事が大切です。
貯金もない中で、借り入れに依存しているような人の場合、完済する事は難しく、借り入れに頼って生活をしているような場合が多いとされていますから、借り入れをする前に、その借り入れが本当に必要な借り入れであるのか、考えてみましょう。
ギャンブルやショッピング、旅行など、娯楽費用などのために借り入れをする場合には、我慢する事も必要となりますし、生活費が毎月足りないような場合には、支出の見直しや、収入を増やすための方法を考えなければいけません。
自分の口座から引き出すように、簡単に借り入れをする事ができたとしても、その借り入れは、必ず借金返済をしなければいけないわけですから、その借り入れが、本当に必要なのか、考えた上で、借り入れを取り入れるようにしましょう。

 

借金返済のための借り入れの金利を調べる

 

借金返済

 

借り入れをすると、借金返済の際には、金利分がプラスとなります。
金利は、金融業者によって異なりますから、少しでも金利が安い金融業者と契約を進めた方が、トータルの返済額を抑える事ができます。
金利の上限は決められていますが、下限は決められていません。
そのため、キャンペーンにより、無利息期間を設けているような金融業者もありますから、様々な金融業者の金利を比較した上で、契約をする金融業者を選ぶと良いでしょう。
100万円までの借り入れの場合の、金利の上限は、18パーセントとなっていますが、18パーセントで借り入れをするのと、3パーセントの金利で借り入れをするのとでは、トータル返済額が大きく異なります。
10万円を18パーセントの金利で借り入れをする場合、1日の金利分の支払いは49円となりますが、10万円の借り入れを、3パーセントの金利で借り入れた場合、1日分の金利は8円程度となりますから、借り入れる期間が長ければ長いほど、金利分の負担が大きくなってしまう事がわかるかと思います。
そのため、できるだけ金利が低い金融業者と契約を進める方が、借金返済を負担に感じないとされています。
金利だけではなく、金融業者によって、取り入れているサービスが異なりますから、金融業者によって異なるサービスも比較した上で、借り入れをする金融業者を選ぶと良いでしょう。
金利が低い設定である金融業者と契約を進める事で、借金返済が困難になってしまう事を防ぐことも可能であるとされています。

 

親の借り入れを引き継いで借金返済しないために

 

借金返済

 

自分自身で借り入れをしたわけでもないのに、借金返済をしなければいけなくなってしまうような場合もあります。
親族が亡くなり、その相続を受ける場合、財産を引き継ぐ時には、負の財産も一緒に引き継がなければいけません。
そのため、住宅などの不動産や、現金を引き継ぐ場合には、借り入れなどの負債がないかどうか、必ず確認をした上で、引き継ぐか否かを決めるようにしましょう。
相続をする事を決めた結果、借金返済に追われる日々となってしまう事もありますから、注意が必要となります。
負の財産を引き継がないようにするためには、遺産を放棄するしかありません。
負の財産だけを相続せず、不動産など、自分のプラスになる物だけを引き継ぐことはできませんから、相続をする事を検討する場合には、弁護士など、専門家に相談をし、負の財産よりも、プラスの財産が多い場合にのみ、財産を相続すると良いでしょう。
自分が生まれ育った場所は、残したいと考えていても、借り入れをしている金額が多く、自分自身では返済する見込みがない場合には、生まれ育った家を諦めざるを得ない状態となってしまう事もあるでしょう。
ですが、相続をする人が1人ではない場合には、負の財産を全て1人で引き継がなければいけないわけではありません。
不動産の場合には、1人が引き継ぐことになりますから、相続放棄をしなければいけない場合もありますが、現金などの場合には、分割して相続をする事ができますから、負の財産も、分割し、借金返済の負担を軽くすることが可能となります。

 

借り過ぎてしまったことに気が付いたら借金返済に回そう

 

借金返済

 

お金を借り過ぎている事に気が付いたら、少しでも多くの額を借金返済に回しましょう。
借り入れをすると、借り入れをしている金額や、次回の返済日、現在の金利、借り入れ限度額まで、後いくら借り入れ可能かなどが記載された明細が、ATMから発行されることになります。
その明細を毎回必ずチェックし、現在の借り入れ額はいくらになっているのか、必ず確認をしましょう。
次回のボーナスで一括返済をしようと思っているような場合でも、ボーナスの金額よりも多くの借り入れ額となってしまっている事に気が付かず、借り入れを繰り返してしまっているような人もいますから、借り入れ限度額の確認は必ず行いましょう。
自分自身では、計画性を持って借り入れをしているつもりであり、返済の目途があると考えていたとしても、借り入れをしている額をしっかりと頭にいれておかないと、借り過ぎてしまい、借金返済のためにお金を用意する事が大変になってしまいますから、注意しましょう。
借り過ぎてしまっている事に気が付いたら、借り入れをする事はストップしなければいけません。
借り入れに頼る生活をしている人の場合、急にお金を借りる事が出来なくなってしまうと、生活が苦しくなってしまい、ストレスが溜まってしまうような人が多いとされていますが、借り過ぎてしまったことに対し、反省をしながら、今後は、借り入れに頼らない生活とする事が大切です。
借り過ぎてしまっている事に気が付いていながら、借り入れを繰り返してしまうと、借金返済ができず多重債務となってしまい、債務整理を取りいれなければいけない状態となってしまう事もありますから、注意しましょう。

借金返済が困難になったら債務整理を検討する

 

借金返済

 

借金返済が困難になり、生活が回らくなってしまった場合には、債務整理を検討しましょう。
債務整理とは、借り入れに対し、金利の引き直し計算を取りいれたり、借り入れ額を減額、もしくは帳消しにする事が出来る物です。
債務整理の種類としては、任意整理、特定調停、個人再生、そして自己破産があります。
最も重い債務整理は自己破産となります。
生活が困難になってしまっている程度の借り入れ額である場合、任意整理や特定調停を取り入れる事が多いとされています。
金利の引き直し計算を行う事で、トータル返済額を減額してもらう方法なのですが、任意整理は、債権者と弁護士とが話し合いをするという方法となり、特定調停は、その間に裁判所を挟むという方法となります。
個人再生の場合には、非常に借り入れ額が多くなってしまっている人が取入れる方法であり、住宅を保有している人にお勧めの債務整理となります。
借金返済により、生活が困難となってしまっていても、住宅を保有しており、家族と同居している場合には、個人再生がお勧めです。
個人再生は、3年から5年で完済する事が出来る額に借り入れ額を減額する事が出来るのですが、住宅を手放さなくても良いとされています。
自己破産は、全ての借り入れを帳消しにする事が出来る方法となり、会社が倒産してしまったような場合に取り入れる事が多いとされています。
どの債務整理を選ぶのかは、弁護士と相談をした上で決める事になります。
債務整理を取り入れる事で、借金返済から逃れなければいけないような状況から抜け出すことができるでしょう。

 

借金返済を抜け出すための債務整理のメリットとデメリットについて

 

借金返済

 

債務整理を取り入れる事で、借金返済により、通常の生活を送ることができなくなっていた状態から抜け出すことができます。
そのため今まで借金返済ができず、取り立てや督促におびえた日々を送っていた人にとっては、希望の光が見えたと思うような人もいる事でしょう。
自己破産の場合には、全ての借り入れが帳消しになりますから、今後借金返済を行う必要はありません。
借り入れをしたのにも関わらず、借り入れが全て帳消しになるのであれば、進んで債務整理を取り入れたいと考える人もいるかと思いますが、債務整理はメリットばかりではありません。
債務整理を取り入れるメリットとしては、社会的信用がなくなってしまうと言われています。
社会的信用を無くしてしまう事で、銀行員や警備員など、特定の職業に就けなくなってしまうと言われています。
その他にも、銀行の口座開設や、クレジットカードの新規申し込みを数年間行う事が出来なくなってしまいますし、今後新たな借り入れをする事は一切できません。
そのため、今まで借り入れに頼って生活をしてきた人にとって、借り入れの全てを行う事が出来なくなってしまう事で、収支を把握して生活をしなければいけませんから、非常に困難な状態に陥ってしまう事もあるとされています。
どこからも借り入れをする事ができないからといって、闇金などに手を出してしまうような人も多いとされていますから、債務整理を取り入れる時には、今後は新たな借り入れをする事は出来ないという事を頭に入れておきましょう。

 

借金返済が困難になってしまったら過払い金があるかを調べる

 

借金返済

 

借金返済が困難になってしまっている場合には、過去の借り入れに、過払い金がないかどうか、調べてみると良いでしょう。
過払い金とは、グレーゾーン金利と呼ばれている、金利で貸し付けを行っていた場合に、払い過ぎていた金利を返還してもらう事ができる物です。
現在では、賃金法により、10万円までの借り入れは、金利20パーセントまで、100万円までの借り入れは、金利18パーセントまで、100万円を超えた借り入れは、金利15パーセントまでと決められているのですが、一昔前は、出資法の上限である、29.2パーセントの金利で貸し付けを行っていた金融業者が非常に数多くありました。
そのため、過去10年間にさかのぼり、出資法の金利で貸し付けを行っていた場合には、過去に払い過ぎた金利の返還請求を行う事が出来るのです。
現在ではその借り入れ全て、借金返済する事が出来ていても、過去の10年間であれば、返還してもらう事ができます。
過払い金があるのかどうか、確認をする場合には、過去に借り入れをしていた金融業者に取引履歴を送ってもらいましょう。
取引履歴により、過払い金がある事がわかったら、弁護士に相談をしましょう。
人によっては、100万円を超えた過払い金がある人もいますから、借金返済に充てることができ、過払い金により、完済する事が出来たというような人も少なくありません。
過払い金があったかどうか、定かではない場合であっても、過去に借り入れをしていた場合には、取引履歴を送ってもらい、確認してみると良いでしょう。

 

奨学金は必ず借金返済しなければいけないの?

 

借金返済

 

フリーローンとしての借り入れや、住宅ローンとしての借り入れではなく、奨学金として借り入れをし、勤め始めてから借金返済に追われる日々となってしまっているような人が増えています。
奨学金は、学校に通うための費用を自分自身で働き始めてから返済するという方法となりますが、最近では、奨学金を、債務整理してしまうような人もいると言われています。
奨学金は、自分が学校に通うために利用した費用となりますから、必ず返済しなければいけません。
ですが、思うように勤め先が見つからなかったり、思っていたよりも、給料が安い場合など、借金返済が困難になってしまうような人も多いとされています。
学校を卒業し、すぐに専業主婦となってしまった場合にも、返済が困難になってしまうような場合もあります。
奨学金といっても、一般的なローンと変わりありませんから、借金返済が滞れば、督促や取り立てが行われる事になりますし、そのまま放置していれば、法的措置を取られてしまう事もあります。
奨学金の契約をした際に、保証人をつけているのであれば、返済できなくなってしまったら、奨学金の返済は全て、保証人に移る事になります。
多くの人が親族に保証人を依頼しており、自分の学校の費用として利用したお金を保証人が返済しなければいけない状態になってしまう事になりますから、奨学金を利用した場合には、必ず返済する事ができる様に、今後の人生設計をしておくことが大切となります。

 

借金返済のためにリボ払いを検討する

 

借金返済

 

フリーローンとして借り入れをする場合、毎月一定額の返済と決められているようなカードローンであれば良いのですが、キャッシングとしてお金を借り入れた場合、その借り入れを翌月に一括で借金返済をしなければいけない場合もあります。
翌月一括返済となってしまうと、借り入れ額が多いと借金返済をすることができず、延滞をする事になってしまったり、借金返済の為に新たな借り入れをする事になってしまいますから、借り入れ額が多くなってしまう事が予測される場合には、事前にリボ払いの申し込みをしておくことを検討すると良いでしょう。
リボ払いを取り入れる事で、毎月決められた額の返済にする事が出来ますから、翌月一括返済とするよりも、多くの金利を支払わなければいけなくなってしまいます。
そのため、金利分についても頭に入れておくようにしましょう。
リボ払いを取り入れる場合には、リボ払いに変更する事ができる期日がありますから、その期日をオーバーしてしまう事がないようにしましょう。
返済日ギリギリになってからであると、リボ払いに変更する事が出来なくなってしまう事になりかねませんから、もしかしたら返済できないかもしれないと考える場合には、早めにリボ払いに切り替えておくと良いでしょう。
ネットからリボ払いに変更する事が出来る場合もあれば、電話で申し込みをするような場合もあります。
フリーローンとして、キャッシングで借り入れをした場合だけではなく、クレジットカードを利用して借り入れをした場合にも、返済方法を、リボ払いに変更する事が可能です。